• 千葉県八千代市村上南4-17-1
    東葉高速線 村上駅 徒歩5分
  • 047-481-8090ご予約・ご相談などお気軽にお電話ください

親知らず

親知らずについて

親知らずについて

親知らずの歯とは

前歯から8番目の歯で「第三大臼歯」といいます。ほかの永久歯は通常13歳前後に生えそろいますが親知らずは20歳前後に生えてきます。
「親が子の歯の生えはじめを知ることがない」という由来で親知らずと名前が付いたようです。親知らずは先天的にない場合、生えてこない場合もあります。

抜いたほうが良いケース

  • 斜めに生えていて歯ブラシが届かなく清掃が
    できない
  • 噛み合う歯がなく隣の歯より伸びている
  • 隣の歯の虫歯や歯周病のリスクを高めている
  • 虫歯になっている
  • 炎症を繰り返している

抜かないほうが良いケース

  • 噛み合う歯がある
  • まっすぐ生えていて磨ける
  • 完全に埋まっている
  • 矯正すれば機能させられる
  • 移植歯として使える

当院の親知らずの抜歯を
安全に行う工夫

当院の親知らずの抜歯を安全に行う工夫
  1. 歯科用CTでの精密検査 親知らず周辺の骨、血管、神経を3次元的に精査することがCTで可能となります。リスクを抑えた適切な抜歯を心がけています。
  2. 口腔外科専門医が在籍 口腔外科専門医が定期的に勤務しています。難しい症例も抜歯可能です。
  3. 総合病院に紹介状も可能 神経に近いケース、侵襲が大きいケースは静脈鎮静等眠った状態で行ったほうが良い場合もあります。その場合紹介状をお出しします。

親知らずの活用法
「自家歯牙移植」

歯牙移植

インプラントや入れ歯、ブリッジなどが嚙み合わせの回復法としてありますが、健康な状態で親知らずが残っている場合「移植」することで同じように噛むことができるようになります。