• 千葉県八千代市村上南4-17-1
    東葉高速線 村上駅 徒歩5分
  • 047-481-8090ご予約・ご相談などお気軽にお電話ください

根管治療

根管治療について

根管治療について

根管治療とは

虫歯などの何らかの原因で細菌が根管の中まで入ってしまった場合、根の先に病気が出来てしまいます。その際は根管に入った細菌を除去する必要があります。
この細菌を除去する処置を「根管治療」と言います。歯の根の病気を抜歯せずに治すことが根管治療の特徴です。

根管治療が困難と言われている理由

歯の根管の中は非常に複雑な形態をしています。特に根の先端は無数に枝分かれしていることが多く、こういった部分に入り込んだ細菌を全て取り除くことは難しいと言われています。

根管治療を成功させる
当院のこだわり

根管治療を成功させる当院のこだわり
  1. ラバーダム防湿と治療する歯と
    周囲の消毒
    根管治療はまず外からの細菌(特に唾液の中にいる菌)が入らないように処置することが大切です。無菌的環境を整え処置を行うことが根管治療成功には必須になります。
    無菌的環境を作るには「ラバーダム防湿」が有効です。 ラバーダム
  2. ラバーダム防湿とは、唾液が歯の中に入らないようにつけるお口のゴムのマスクのことを言います。このラバーダム防湿が根管治療には必須になります。また、再汚染のリスクになる仮ぶたの時期を短くすることも大事です。その為、1回の治療時間を十分確保しなるべく治療回数を減らすよう心がけています。

  3. マイクロスコープを使用した
    精密根管治療
    肉眼の約20倍まで視野を拡大することにより狭くて暗い根管内をしっかり目で確認しながら感染源を取り除いていきます。異常の発見や感染物質の取り残しを防止できるため根管治療を成功に導きます。 マイクロスコープ
  4. Ni-TiファイルとMTAセメント 当院では柔軟性の高いNi-Tiファイルを使用し複雑の根管であっても適切な清掃ができるようにします。高い殺菌作用と硬化しながら膨張し緊密な充填ができるMTAセメントも使用しています。 Ni-TiファイルとMTAセメント

外科的歯内療法

外科的歯内療法

従来の根管治療で治らない場合は次の手段として外科的歯内療法へと移ります。外科的歯内療法とは主な原因である根の先端を切除し根の先から蓋をする方法です。当院ではマイクロスコープを活用したモダンテクニックを活用しています。この方法は成功率90%以上と報告されています。また一度歯を抜き、根を切断して蓋をしてから元に戻す意図的歯牙再植術も行います。

根管治療の症例

case 1

Before

症例

After

症例
主訴 根管治療の続きをしたい
治療期間 治療回数2回
治療内容 根管治療
(破折ファイル除去、CWCTによる根管充填)